工事についての基礎知識

塗装・屋根工事をお考えのお客様へ

HOUSING

株式会社OWLは、家族の人数や予算に応じて、理想に住まいをご提案させていただきます。

塗装工事について

塗装工事の必要性やトラブル例、塗装に関するQ&Aなどをご紹介しております。その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせを。

屋根工事について

屋根工事の必要性、屋根の種類、屋根に関するQ&Aなどはこちらです。工事をご検討の際は、ぜひご参考いただければ幸いです。
項目を追加

塗装工事について

外壁塗装工事の必要性

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

目に見えない劣化

目立った症状がなくても油断は禁物!
塗装は目立った劣化がなければ、塗り替えなくても良いと誤解されていませんか?外壁のひび割れや雨漏りといった症状が表れるのは、かなり劣化が進んだ状況です。特に劣化症状がなくても、建物内部では密かにトラブルが進行しているケースも。そのためTM・プランでは、10年を目安に診断・塗装をおすすめしております。

一番の目的は「防水」

防水の維持・向上が住まいを守る!
建物にとって最大の敵は「水」です。雨や湿気から建物を守ること、つまり「防水」を高めることが住まいの長持ちに繋がります。もちろん、塗装の色褪せ等によって塗り替えをご検討されるのもよいのですが、長く快適に住み続けることを考えるなら、防水性が失われているか否かを重視して塗り替えのタイミングを決めましょう。

行わないリスク

間違った節約が大きな出費に!
まだ大丈夫だろう、と塗装メンテナンスを先延ばしにするのは決して得策ではありません。その場では費用の節約になるかもしれませんが、塗装は必ず劣化し続けていくもの。先延ばしにした結果、建材の腐食や雨漏り等のトラブルが起きてしまうと、修繕の費用も塗装とは比べ物にならない大きな金額になってしまいます。
項目を追加

防水機能が低下すると…

01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

艶がなくなる

塗装の分かりやすい劣化症状として、艶が失われるというものがあります。劣化の初期症状でもあり、美観性が低下してきたなと感じてきたらお早めの診断がおすすめです。ご不安の際は福島県郡山市のTM・プランまでご相談ください。
02

湿気を帯びる

塗料には防水性が備わっていますが、経年と共にその防水性は徐々に低下してきます。そのため当初は水をはじいてきた外壁なども、次第に湿気を帯びてくるように。さらに劣化が進むとカビやコケなどが発生するようになってきます。
03

小さいヒビが発生

塗装の劣化によって、塗膜と外壁下地との間に水分や湿気が浸入したり、建物が乾燥・湿気によって伸縮したりすることで、建材に小さなヒビが発生します。この小さなヒビからさらに水分は入り込み、より被害を拡大するため要注意です。
04

クラック、コーキングの亀裂が大きくなる

小さなヒビを放置していると、内部に水分・湿気が浸入することで腐食が広がり、さらに大きな亀裂が生じてきます。被害が大きくなればなるほど、工事の時間も掛かりますし、工事費用もかさんでしまいますのでお早めにご対処ください。
05

内部の防水材、防水シートにまで水が到達

建物の内部には防水材や防水シートが用いられていますが、ヒビやクラックを放置することでいずれは防水材や防水シートも劣化させてしまいます。こうなってくると雨漏りなどの重大なトラブルを招いてしまう可能性大です。
06

水が浸入して内部から劣化

防水シートまで劣化させてしまうと、次は建物の構造体となる鉄骨やコンクリート、木材などをが腐食に進展することも。大切な住まいの寿命を縮めてしまう重大なトラブルです。一刻も早く、適切なメンテナンスを行なわなくてはなりません。
07

土台や基礎部分まで
劣化

水分・湿気による被害がさらに進行すると、とうとう建物の土台や基礎部分まで劣化させてしまいます。台風や地震などの影響で、建物が倒壊する可能性さえ考えられる状況です。安全・安心な暮らしを守るためにも早急にご対処ください。
項目を追加

【Q&A】塗装工事

塗装工事に関するQ&A
Q
質問です
A
答えです
Q
どんな色でも選べますか?
A
TM・プランでは豊富なカラーバリエーションをご用意しております。ご希望のカラーが見つからない場合も、見本帳などからお選びいただけますのでご安心ください。できる限りご期待に沿えるよう尽力いたします。
Q
ローラー塗装(手塗り)と吹付け塗装の違いは何ですか?
A
使用する塗料によって、ローラー塗装もしくは吹き付け塗装などの指定がされています。双方を併用して施工を行なう場合もあります。お客様に最高品質をお届けするため、最適な工法で施工しますのでご安心ください。
Q
工期はどれくらいかかるものですか?
A
塗装工事の内容や、建物の大きさなどによって異なるため一概にはいえませんが、一般的な戸建て住宅でおよそ10日~2週間ほどいただいております。詳細はお気軽にお問い合わせください。
Q
完成したもののイメージが思っていたのと違う場合、やり直してもらえますか?
A
大変申し訳ございませんが、イメージの相違といった理由でのやり直しは致しかねます。ただし、TM・プランでは事前に入念なお打ち合わせを行ない、施工中も随時確認をとりながら作業を進めさせていただいております。
Q
塗り替えに適した季節はありますか?
A
基本的には1年中、いつでも行なうことが可能です。ただし、強風時や雨天時、氷点下時、高湿度時などの場合は、塗装工事を行なうことができませんので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。
項目を追加

屋根工事について

屋根工事の必要性

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

天候による負担

常に負担の掛かっている屋根
屋根には夏の暑さや冬の寒さ、強烈な紫外線、雨、雪、風など、天候によるさまざまな負担が1年を通して掛けられています。海の近くでは塩害も懸念しなくてはなりません。住まいの中でも特に劣化が進行しやすい箇所、それが屋根です。絶えず私たちを守ってくれる存在だからこそ、メンテナンスも定期的に行なってあげましょう。

災害リスク

万一の災害に備えた丈夫な屋根に
屋根の劣化は、水分浸入による雨漏りや構造体の腐食にも繋がり、建物の倒壊リスクを高めます。福島県は雪の多い地域でもあり、雪の重みによる住まいへの被害にも備えなくてはなりません。さらに地震による震災被害も忘れてはならないポイントです。地震にも負けない強い家を作ること。そのためにも屋根工事は必須です。
項目を追加

屋根の種類

代々受け継がれた技術
美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている
スレート屋根
スレート屋根は定期的な塗装メンテナンスを行なっていた場合、30~35年の耐用年数を得られますが、メンテナンスをしていない場合は20年ほどで寿命がきてしまいます。約10年を目安に塗り替えをご検討されてください。
瓦屋根
素焼瓦や燻し瓦、袖薬瓦などはメンテナンス不要で40~50年以上という長い耐久性を誇ります。ただしセメント・コンクリート瓦は塗装メンテナンスをしていた場合で約20~30年、していない場合は約20年ほどの寿命です。
金属屋根
ガルバリウム鋼板などの金属屋根は、塗装メンテナンスをしていれば40年以上の長寿命ですが、メンテナンスをしていないと、さびなどの劣化が起こって約15~20年で寿命がきてしまいます。ご不安の際はお気軽にご相談を。
項目を追加

【Q&A】屋根工事

屋根工事に関するQ&A
Q
質問です
A
答えです
Q
工事期間に雨が降っても大丈夫?
A
はい、大丈夫です。TM・プランでは突然の雨天などにも対応できるよう、高品質・高機能の養生製品を用いて施工に臨んでおります。品質を低下させるようなことはございませんのでご安心ください。
Q
見積だけでもいいの?
A
もちろんです!資格を保有した経験豊富なスタッフが、お客様の住まいをしっかり拝見し、最適なプランとお見積もりをご提案いたします。もちろん、お見積もりは無料にて承りますのでお気軽にどうぞ!
Q
工事期間はどれくらいかかるの?
A
屋根の大きさや工事の内容によっても異なりますが、一般的な戸建て住宅の場合は約4~5日程度で工事を終えることが可能です。お見積もり時に詳細をお伝えしますので、お気軽にお問い合わせください。
Q
瓦は重いから、地震が心配
A
きちんと丁寧な施工を行なっていれば、瓦でも問題はございません。弊社では耐震性の高い防災瓦を採用しており、工法も耐震性を考慮したものとなっております。どうぞ安心して私たちにお任せください。
Q
瓦の良さって?
A
瓦は暑さや寒さを屋内に伝えにくく、冷暖房効率向上にも繋がる、福島・郡山の気候に適した屋根材です。自然素材で作られているため人にも環境にもやさしい、安心・安全な屋根材だということができます。
Q
瓦の種類は何種類あるの?
A
和瓦・洋瓦・厚形スレート・平形スレート・U形スレート・ハイブリット屋根材など、多種多様の瓦がございます。お客様のご要望や住まいの環境等に合わせて、一緒に最適なものを考えさせていただきますのでご安心ください。
項目を追加